adam duritz dating history - Qtablewidget input validating

Fixed: Removed hover effect on the quick selection checkboxes. Fixed: Rubber band selection for horizontal layout. Allows the placement and control of a QWeb Page's inspector.

2016/10/17 Tag: maya2017, Py Side,python, UI みなさんお久しぶりです。TDの小野[@jimie930]です。 先日Mayaもバージョン2017が発表され、様々な新機能が搭載されましたね。そんな中、今回私が注目するのはPy Sideでございます。な、な、なんと、Maya2017からPy SideがPy Side2になりました。ワーイ、ワーイ。 って、あまり喜ばれている方の話は私の耳に入ってきてないです。耳が遠いもので。 どちらかと言うと、今までPy Sideでツール作りをしていた方の、「今までのツール使えるのかなぁ~」という声。 Py SideとPy Side2では、大きく何が変わったのでしょうか? 今までというモジュールに出されたことが一番大きいと思います。 なんでこんなことしたんだ…。 とにかく対応が必要そうですね。 早速ですが今回はMaya2017でも、それ以前のバージョンでも動くサンプルツールを作ってみました! いまのところPy Side2のクラスリファレンスなどのドキュメントはなさそうなので、Qt 5.x系のドキュメントを参考にしてください。 このツール、ダウンロードもできるようにしておきますので、ダウンロードされた方はソースコードまでじっくり見てやってください。 さてさて、先程も述べましたが、ウィジェットのクラス群が入っているモジュールが違うので、2017以前のMayaとMaya2017のどちらでも動くUIを作るためには、インポートを変えなければなりませんね。みなさんいろいろ試行錯誤されてるようですが、私自身はこんな感じでいけるのかなぁと思っています。 import imp try: imp.find_module('Py Side2') from Py Side2. No Insert) # 入力補完時に候補リストを出す場合、Completerをセットしてやります。 combo Box.completer()Completion Mode(QCompleter.

Qt Core import * except Import Error: from Py Side. Qt Core import * というモジュールに今回移ったウィジェットたち。どんなものがあるのでしょうか。 今日は「Py Side2使ってツール作りました」だけでは面白く無いんで、ついでにいろんなウィジェットを配置しつつ、それらのウィジェットの特徴とちょっとしたTipsなんかを紹介できればと思います。 今まで意外とこういう記事なかったですよね。Py Sideってなに?って方も、この記事を読んで我々TDがどうやってMayaのUIを作っているのか知っていただければと思います。(ダイアログも下の方でついでに紹介しています。というかダイアログもウィジェットの一部です。) こんな感じに標準で用意されているウィジェットをいろいろ並べてみました。(意外と見た目、かっこよくなった♪) 種類、こんなにあるんですね。 上の画像で各機能がなんのウィジェットで作られているか、画像上で気になるところクリックしてみてください。そのウィジェットについての紹介部分へジャンプします。 単純なテキストを表示したい場合はこのウィジェットを使います。 ただこのウィジェットが意外と優秀で、テキスト以外に、画像や動画を表示する場合にも使います。 UIで表示しているDFのロゴ画像もこの combo Box = QCombo Box() combo Items(["This", "is", "combobox", "it's", "useful"]) # テキスト入力ON combo Editable(True) # No Insertにすると、テキスト入力でユーザーが間違った値を入れてもアイテムとしてCombo Boxに登録されません。 combo Insert Policy(QCombo Box.

Version 5.15.0 Fixed: Artifacts for embeded QWidget. If you have a repository implementation for the column, then you have to implement this function to get Best Fit() work correctly.

Fixed: Resources are not initialized if component compiled statically. Fixed: Width of the buttons in the cell is not sensitive to the zoom changing. Added: Added Best Fit Mode enum as a parameter for best Fit() function.

Version 5.7.0 Fixed: After some manipulations with the grid, drawing begins to spend a lot of CPU time. Fixed: deselect All() does not work if call immediately after installing the model. Version 5.6.0 Fixed: Hover effect was removed from checkboxies in the filter popups. Added: Ability to use custom QWidget in the Preview Row.

Fixed: Copy a row in the grid with columns having a combo editor, the index gets copied instead of the actual string in the grid. Fixed: Find the text freezes/crashes the grid if it has a grouped rows. Added: Ability to set the text for the Preview Row Button. Fixed: Unexpected behavior when you cancel the add a new row editor. Fixed: The order of the columns is broken when the model is resetting. Now with the CSS you can control the grid box-model, customize the columns, cells. Version 5.12.0 Added: Grid View Options::set Auto Scroll() was renamed to Grid View Options::set Column Auto Scroll() Fixed: Unexpected crash when finalizing.Fixed: String comparision issue for sorting and grouping operations. Version 5.8.0 Fixed: Can't move filter condition between two views.Version 5.9.0 Fixed: Grid's shortcuts conflict with editor's shortcuts. Fixed: Crashes if Grid Preview Row Expand Style:: Preview Row Expand Button style is enabled and grid has no columns.Fixed: Sometimes cell does not have content in cardview.

Tags: , ,